• イベント情報
  • 施設マップ
  • 里山・癒し散策ロード
  • “よ~きなった田上町”について
  • 田上町ホーム

本田上 神明宮(旧村社)

このページを印刷する

本田上 神明宮(旧村社)

本田上神明宮の創立年は、口碑によれば弘仁年間(810~824)と伝える。
大正8(1919)年、村社に指定され、これを記念していまの社殿を建築した。
棟梁は、宮大工の第一人者といわれた、越中(富山県井波町)の角平、大鳥居は、富山県魚津町松本栄次が建てた。
大正8年に起工し10年に完工した。用材は、桂の木が使用されている。
工費は1万8000円を要した。神社の造りは、神明造り・銅板葺きの建築様式である。
境内の一部は、大正8年に完成した才歩川の堤防工事で大きく削りとられているが、大正10年に大字田上地区の公園として整備され、4月18日、太田新潟県知事を来賓に迎えて盛大な竣工式を行っている。
この境内に田上城があったという説もあるが、明らかではない。

お問い合わせ

田上町役場 産業振興課商工観光係

電話:0256-57-6225
E-mail:t2251@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る