ページ内を移動するためのリンクです。

小・中学校

このページを印刷する

田上町立学校等給食用食材放射性物質検査

田上町立学校等 給食用食材の放射性物質検査を行っています

新潟県では、放射性物質に汚染された農畜水産物が流通することのないよう、
県内産、県外産も含めて毎日検査を行い、監視を強化しています。

また、田上町でも各施設の給食調理においては、食材の産地を含めて品質を十分に吟味した上で
食材の選定を行い、安全の確保に努めてまいりました。

平成24年度より田上町ではこれまでの対応に加えて、新潟県が整備した放射性物質測定機器を
活用して、学校等給食用食材の放射性物質検査を次のとおり実施することとしました。

検査計画および検査結果について

3月11日実施分PDFファイル(125KB)
※放射性物質の検出下限値以上の検出はありませんでした

<過去の検査結果はこちらから>
H25年度
 現在のところ検出下限値以上の検出はありません

2月18日実施分PDFファイル(124KB)
1月21日実施分PDFファイル(125KB)
12月17日実施分PDFファイル(115KB)
11月19日実施分PDFファイル(112KB)
10月8日実施分PDFファイル(113KB)
9月10日実施分PDFファイル(113KB) 
(8月は夏季休業のため実施なし)
7月16日実施分PDFファイル(113KB)
6月18日実施分PDFファイル(113KB)
5月14日実施分PDFファイル(113KB) 
4月16日実施分PDFファイル(115KB)

H24年度実施分検査結果一覧はこちらPDFファイル(84KB)

詳しい検査内容については下記をご覧ください。

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

1 検査対象

・田上町立学校、竹の友幼児園で使用する給食用食材を対象とします。
・過去に出荷制限がかけられた地域で生産された農畜水産物を中心に検査します。
 検査日に該当品目がない場合は、使用頻度の高い食材を優先して検査します。

2 検査方法

・給食に使用する前日までに検査を行います。
・各施設で使用予定の食材から1品目抽出して行います。
・検査頻度は平成25年度までは月1回程度、平成26年度からは隔月1回程度を実施しています。
・この検査は、あくまで簡易の自主検査であるため、検査機器には測定誤差が
 生じる場合があります。そのため、放射性物質が検出された場合には民間検査機関に
 委託し、より精度の高い機器で再検査を行います。

3 使用機器

簡易型スペクトロメータ(ベルトールド社製 ガンマ線スペクトロメータLB2045)

4 測定項目

放射性ヨウ素(ヨウ素131)
放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)

5 測定結果の公表

・検査日の当日にこのページで公表します。
・測定結果については、PDFで公表しています。

このページに関するお問い合わせ

田上町役場 教育委員会学校教育係

電話:0256-57-6114
E-mail:t1141@town.tagami.niigata.jp

このページの先頭に戻る