ページ内を移動するためのリンクです。

暮らし・生活

このページを印刷する

社会資本総合整備計画・都市再生整備計画の公表について

「羽生田駅周辺地区都市再生整備計画」

 町では、この度「羽生田駅周辺地区」の特性を踏まえ、まちづくりの目標と指標を設定し、それらを実現するために必要な事業を盛り込んだ社会資本総合整備計画及び都市再生整備計画を策定しました。

 この計画に基づき、国から交付される交付金(社会資本整備総合交付金)を財源にあて、(仮)地域交流会館の整備、原ヶ崎センターの改修整備をはじめ、まちづくりのための様々な事業を進めてまいります。

社会資本整備総合交付金とは

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として、国土交通省が所管する地方公共団体向けの個別補助金などを統合し、平成22年度に創設された制度です。
 道路・河川・下水道・公園・住宅及び住環境・市街地整備などに関わる政策目標を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本整備総合計画に基づき、基幹的な社会資本事業の他、関連する社会資本整備やソフト事業に対して交付金が交付されます。

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)とは

 都市再生特別措置法第46条第1項の規定により、市町村が都市再生整備計画を作成し、これに基づき実施される事業等の費用に充当するために交付金を交付するものであり、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としたものです。

社会資本総合整備計画・都市再生整備計画の公表

 社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。また、社会資本総合整備計画を作成したときは公表することとなっており、市街地整備に係る同計画を作成しましたので公表します。
 また、都市再生整備計画も同様に計画を策定した際には、公表することとなっています。

 町が今回策定した計画は下記のとおりです。

<社会資本総合整備計画> 市街地整備関連

計画の名称  羽生田駅周辺地区 (60.5ha)
計画の期間  平成28年度 ~ 平成32年度 (5年間)

詳細については、下記のPDFファイルをご覧ください。

・社会資本総合整備計画 (羽生田駅周辺地区)PDFファイル(1077KB)

・社会資本整備総合交付金の執行状況(平成28年度PDFファイル(63KB)



<都市再生整備計画>

計画の区域  羽生田駅周辺地区 (60.5ha)
計画の期間  平成28年度 ~ 平成32年度 (5年間)

詳細については、下記のPDFファイルをご覧ください。

・都市再生整備事業計画 (羽生田駅周辺地区)PDFファイル(3104KB)

このページに関するお問い合わせ

田上町役場 総務課

電話:0256-57-6222
E-mail:soumu@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る