ページ内を移動するためのリンクです。

産業・農業

このページを印刷する

農業者年金

農業者年金は農業者のための年金です。 家族一人ひとりが年金の準備を!

加入要件
  • 国民年金第1号被保険者
  • 年間60日以上農業に従事
  • 20歳以上60歳未満

女性の加入大歓迎です!!若い担い手・認定農業者のみなさんの加入大歓迎です!!PDFファイル(121KB)
※農業者年金加入のために、国民年金の付加年金が必要です。(月額400円)

保険料

月額2万円~6万7千円で、千円単位で自由に選択できます。
保険料の納付方法は「毎月納付」と「前納納付」があり選択できます。

特  徴

1 積立方式です。
   積み立てられた保険料は、国内債権や株式を対象に運用を行なっています。
   経済状況により、マイナスになる場合がありますので、必ず元本が保証されるというわけではありません。
   ※しかし、運用収入から付利準備金を積み立て、マイナスになった場合に備える仕組みがあります。

2 終身年金です。80歳までの保障があります。
   老齢年金については、80歳前に亡くなった場合、亡くなった翌月から80歳まで受け取る予定であった年金を
   「死亡一時金」として遺族に支給します。
   80歳を超えてから受給するであろう年金は、相互にリスクを負担しあう形になっています。
   イメージ図PDFファイル(59KB)

3 支払った保険料は、全額が社会保険料控除の対象になります。

4 国から保険料の補助があります。 →保険料補助を受ける要件はこちらPDFファイル(159KB)       
    補助を受ける期間の保険料は2万円で固定されています。
    加入者が支払う保険料は2万円から国の補助額を差し引いた金額になります。

脱退と再加入

・脱退はいつでもできます。
 しかし、それまで納付した保険料は、将来年金としてお支払するため、脱退一時金はありません。

・再加入することができます。
 加入要件を満たしていれば、再加入することができます。

受給について

・老齢年金
   原則として、65歳から受給できますが、ご本人の希望により60歳まで繰り上げることができます。

・特例付加年金
   政策支援を受けていた方が受給できます。
   ただし、①加入期間が20年以上
         ②65歳に到達(ご本人の希望により60歳まで繰り上げることができます。)
         ③農業経営を引退
   3つの要件をすべて満たすことが必要です。
  ※特例付加年金の受給を希望される方は、事前にご相談ください。

・死亡一時金
   受給者が80歳を迎える前に亡くなった場合に、ご遺族にお支払します。
   ※特徴の項目の2をご参照ください。

年金を請求する際は、農協・農業委員会事務局にご連絡ください。


農業者年金加入についてはJAまたは農業委員会までご連絡ください。リーフレットなどもご用意しております。
田上町農業委員会:0256-57-6226
にいがた南蒲農業協同組合田上支店:0256-57-2181
このページに関するお問い合わせ

田上町役場 農業委員会

電話:0256-57-6226
E-mail:t2261@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る