ページ内を移動するためのリンクです。

町政情報

このページを印刷する

5期目の公約進捗状況

 私の5期目の任期も残すところ約8カ月となりました。5期目の立候補に際し、私は5つの公約を発表し、公約の実現に努力することを訴えました。公約の基本的な考え方は、第5次田上町総合計画の理念である「町民のくらしの満足度の高いまちづくり」の推進です。
 公約は大きく次の5項目でした。第1は、「国道403号バイパスの整備促進」で、国・県への要望の継続。第2は、「人口減少・少子高齢化対策の推進」。第3は、「田上町の12か年教育」の推進。第4は、「産業の活性化」。そして第5は、「田上町の基幹産業の充実」でした。その他に、多くの継続事業の推進に努力することを訴えました。
 「公約」とは、まさに「公衆に対して政策を約束すること」ですので、自治体の首長(知事・市町村長)は、公約を実現するために努力することが第一の使命です。町の政策の最上位計画は、田上町総合計画です。公約発表時は、第5次総合計画の前期基本計画の最中でした。現在は、第5次田上町総合計画後期基本計画(平成29年度~平成33年度)に基づいて、事業を推進しています。また、基本計画に基づいて、財政計画を策定し、年次ごとの事業推進に取り組んでいます。


国道403号バイパス工事の整備促進
 バイパスの整備促進のための国・県への要望については、引き続き強く要望してきました。町の重点「道の駅」のオープンと本田上工業団地への企業誘致により、バイパスの新潟市への接続は急を要する事業となってきています。道の駅のオープンは平成32年の予定ですので、新潟市へのバイパスの接続も同時であってほしいと考えています。そのことにより、〝まちづくり〟も大きく変わっていくものと考えています。国道403号バイパスとJR線の間の土地利用が今後の重要な課題となってきます。
 町では、羽生田駅を中心とした〝まちづくり〟と将来的には、田上駅を中心とした〝まちづくり〟の2つの拠点整備が必要であると構想しています。まずは、羽生田駅中心の〝まちづくり〟を推進していきます。

人口減少と少子高齢化対策の推進
 町の新生児の誕生は、平成27年度と平成28年度は残念ながら50人前後ということで数年前と比較しても20人前後の減少となっています。
 町では、「少子化・定住対策事業」として人口減少対策に対応してきました。平成25年度以前から取り組んで来た10項目の事業のほとんどを、今年度も継続事業としています。その主な事業は、新婚世帯家賃支援事業、子ども医療助成事業、特定不妊治療助成事業、妊産婦医療費助成事業等ですが、その効果はまだ十分に現れてきていません。町は「継続は力なり」を信念に事業を推進していきます。また、今年度までに、出会いサポート事業、子育て応援カード事業等の新規事業にも取り組んできました。

田上町の 12か年教育の推進
 「田上町の12か年教育」がスタートして8年目を迎えました。県内の教育関係者から、この取り組みはある程度の評価を得ており、特に、幼小中学校が同じ理念で実践を積み上げているところが評価されています。幼小中学校の教育の連携で研究会を開催し、日々の授業に取り組んでいます。特に、幼児園から小学校へ、小学校から中学校へのスタート時点でスムーズに学校生活に入れることに力を入れてきました。これは、いわゆる小1プロブレムそして中1ギャップをどう乗り越えていくかという課題があったからです。最近は、小学校でも中学校でもほとんどの児童、生徒が大きな問題もなく学校生活を送っています。
 次に、外国語(英語)教育の充実です。間もなく、小学校でも英語が教科として5・6年生に導入されます。町では、幼小中学校で外国人(ネイティブスピーカー)による英語を導入してきましたので、小学校での英語教科の導入は心配ないと考えています。

産業の活性化と基幹産業の充実
 公約で、造成が完了した本田上工業団地への本格的な企業誘致の推進を表明しました。企業誘致により、若者の就労の場の確保と町への転入人口の増加につなげていくことが大きな課題でした。現在では、金属関係の2社が進出、また、株式会社PLANTが進出予定です。町内の商店の皆さまには少なからず影響が出て来ることも想定されます。将来的には、本田上工業団地を中心にその一帯が大きく変わっていくと考えております。今後も企業誘致を進めていきます。
 次に、町の基幹産業の一つである農業の推進に関してですが、国の農政が目まぐるしく変わっていく状況であり対応が困難であると思われます。町としては、若い担い手の確保と複合農業の推進を支援してきました。また、新しい取り組みであった農商工連携も、今年で8年目になりました。しかしながら、必ずしも農業の活性化には十分な成果が現れていません。今後、再考する必要があるかもしれません。
 以上が、5期目の公約の取り組みの現状です。

このページに関するお問い合わせ

田上町役場 総務課

電話:0256-57-6222
E-mail:soumu@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る