ページ内を移動するためのリンクです。

町政情報

このページを印刷する

今年はステップアップの年に!


 3月議会で平成29年度の町の予算が決定し、一般会計は昨年度比で8・8%増の48億3千万円となりました。その主な要因は、「まちづくり拠点整備事業」((仮称)道の駅等・地域交流会館建設事業)の初年度分、約4億9千万円を計上したことです。
 また、第5次田上町総合計画後期基本計画を策定しました。いよいよ、田上町の新しい〝まちづくり〟のスタートの年です。

 田上町の基幹産業の一つは農業でありますが、工業団地に企業誘致をして町の活性化を図ってきました。中轌工業団地、その後田上郷土地改良区が中心になって農地のほ場整備を実施した結果、川船河工業団地、そして本田上工業団地が造成されました。これらの経緯により、農工法(農村地域工業等導入促進法)による企業を誘致することが原則になっていました。川船河工業団地は造成後間もなく整備され、近隣からも企業が進出し、町の南北(川船河工業団地、中轌工業団地)に工業団地が整備され新しいまちづくりが展開されました。
 一方で、本田上工業団地の整備は財政再建の途上であり、また、国内の景気も下降気味であったこともあり整備が遅れてしまいましたが、最近になって、2社が進出しました。
 国道403号バイパスが新潟市(旧小須戸町)まで接続の見通しがあと数年となったこともあり、ここに来て数社から進出の問い合わせがあります。どちらかと言いますと商業系の企業であり、今後も問い合せがあるのではないかと思います。
 これまでは、403号バイパスが開通すると田上町は通過点になるのではないかと指摘されていました。しかしながら、日帰り温泉の湯っ多里館がオープンしてからはむしろ広範囲からの利用客が多くなってきました。道の駅・地域交流会館等が整備され、本田上工業団地に商業施設を誘致することができますと、心配された「田上町は通過点」ということは比較的少なくなっていくのではと期待しているところです。

これからの〝まちづくり〟は若い人たちで!
 地域の活性化は、その地域の産業活性化が鍵を握っていると言われています。特に若い人たちの雇用の場が確保されていることが重要です。町と民間企業がタイアップして取り組むことが重要であり、推進していかなければと考えています。町では企業の進出には税制上等の優遇措置も実施しているところです。
 数年前に、農業の担い手と商工業の後継者との会合を開催したことがありましたが、残念ながら相互の連携に至っていません。改めてこの会を再開していきたいと考えています。
 田上町の基幹産業の一つは農業であることは今も変わっていません。道の駅の周辺に農産物の直売所あるいは飲食店、コンビニ等も設置される可能性がありますので、その運営にも積極的に若い人たちからも手を挙げてほしいと考えています。ぜひとも若い人たちのアイディアでこれからの町の活性化にチャレンジしてほしいと思っています。

町のブランド品の開発を!
 これまでに、湯田上温泉旅館協同組合と農家の連携で、梅あるいはル レクチエを活用した商品が開発され商品化されました。できるだけ長く保存が可能な商品であることが望ましいと考えています。また、町内の商店が開発した飲料水や、若い農業者が開発した商品が発売されました。現在は、小規模でありますが、町内に新しい商品の開発の気運が出てきたことはよろこばしいことであると思っています。いずれも農商の後継者の発案であると聞いています。これからも改良を重ね新しいブランドになることを期待しています。
 農家にとっては、国の米政策が大きな転換期をむかえ、平成30年度からの制度改正で大きく変わることになっています。なんといっても心配されるのは米価がどうなっていくのかということです。全国的に〝米あまり〟の状況が続いています。北海道の大規模農家では米代金の所得いわゆる稲作所得よりも、転作奨励金が大幅に多くなっている状況であるといわれています。仮に転作奨励金が3割カットされますと軒並み赤字に転落していくといわれています。
 田上町においても、これまでのように新潟コシヒカリを作っていても、明るい光が見えてこなくなるのではないかと危惧しています。新潟県の新しいブランド米〝新之
助〟の行く末はどうなるでしょうか、心配です。このような状況でありますので、農家にとっても6次産業化の取り組みが必要ではないかと思います。これからは若い人たちが農商工連携を考えていくことが、この転換期を乗り越えていく策ではないだろうか、と考えます。
 町としては、産業としても農商工のバランスのとれた社会構造になってほしいと考えています。また、町の産業振興の課題もここにあると思っています。町の農商工の担い手の皆さんの結集ができるかにかかっています。今年こそ、そこにむけ一歩を踏み出す年としたいと考えています。 

このページに関するお問い合わせ

田上町役場 総務課

電話:0256-57-6222
E-mail:soumu@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る