ページ内を移動するためのリンクです。

町政情報

このページを印刷する

新しいまちづくりの音!

 思わぬ大雪に見舞われた田上の地に春がやってきました。3月に入ってからの天候であっという間に雪の姿が消えてまいました。
 町長室の窓から、澄みきった青空の下で黄色い大型重機(パワーショベルカー)が左右に大きく首を振って土砂を移動させたりしている光景は、まさに工事現場です。やっと念願の田上町交流会館の工事が始まったという実感が湧いてきました。
 工事は来年の春頃の完成に向けて、3月上旬からいよいよスタートしました。約20億円近い経費(田上町地域学習センターも含めて)を投資しての大規模工事は、これからしばらくはできない一大事業です。この工事費の4割は国の補助金を活用できました。交流会館の建設だけでは国の補助金制度を活用することはできません。交流会館と地域学習センターの2つを拠点とした〝まちづくり〟の提案で、補助金を得ることが可能になりました。
 これまでに再三申し上げてきましたように、交流会館の建設は、現在の庁舎が移転してきた平成8年以降の課題でありました。この施設は、現在の田上町公民館の代替施設として検討されてきた経過があり、当初は文化的施設とも言われてきました。

田上町交流会館と田上町地域学習センター
 交流会館は町民の皆さんが集う施設となります。これからは町民本位の活動が大いに期待されます。交流会館とその後に建設されます「道の駅」がいわゆる「重点道の駅たがみ」であり、この施設がこれからの〝まちづくり〟の一つの拠点となります。国の要請もあり、福祉に対応できる「道の駅」となりますので町民の福祉、高齢者福祉も含めた対応が求められます。
 「重点道の駅」は情報発信、トイレそして休憩所の設置が国の基準で定められています。直売所等は町の責任で建設し運営していくものです。運営等については現在、町で検討しており、議会の特別委員会で審議され最終的には議会で決定します。
 「地域学習センター」については、あくまでも「道の駅」と「地域学習センター」の2つの拠点を中心にコンパクトな〝まちづくり〟を進めてほしいという国の指導もあり、町としてもこの計画をしっかりと進めていく予定です。「地域学習センター」の増改築と同時に、その他の施設の建設はあくまでも〝まちづくり〟に寄与できる事業であることをこれまで議会に説明してきました。また、この件については、町民代表の方も構成メンバーである整備検討委員会で十分に検討されてきました。
 町の特産品を開発していくことも重要なテーマであります。これまでは、町の特産物であるたけのこ、竹炭の加工品、竹炭の活用方法を模索してきましたが、町の農産物を活用した特産品ができないか等についても、これからの委員会で十分に協議していただきたいと考えています。

これからの〝まちづくり〟と 人口減少対策について
 〝まちづくり〟は、常にハード面とソフト面の両方の側面から検討していかなければならないと考えています。
 前泉田県知事が平成27年1月26日に第1回「県と市町村の協議の場」を開催しました。その後、現在の米山知事に引き継がれ、年に2回開催されています。県知事・副知事と、市長会・町村会それぞれ3名の正副会長がメンバーで、副知事が座長を務め第1回のテーマは「人口減少対策について」でした。
 平成26年に国は、まち・ひと・しごと創生総合戦略を閣議決定しました。県では、すでに平成25年より「新潟県人口問題対策会議」を開催しており、平成27年には人口ビジョン・総合戦略を策定しました。町も平成27年に総合戦略策定会議を開催し、「田上町人口ビジョン」、「田上町総合戦略」を策定しました。
 町では平成25年以前より人口減少対策事業に取り組んでまいりました。また、平成28年度の少子化対策検討委員会では、平成29年度以降の提案事業も決定しました。
 県は、この間に子ども医療費助成の補助金を少子化対策事業にも使えるよう交付金化して、市町村に配分しました。残念ながら県からの交付金は十分でなく苦慮しているところです。現在、町の「子ども医療費助成」は、高校生までの入通院の医療費を対象としています。

田上町の出生数が40人台突入
 町はこれまでに「人口減少対策」として、平成25年度以前の取り組み事業も含め、19事業を推進してきました。常に実施状況を点検しながら、あまり効果が出てこない事業については3年で終了しています。現在は、精査して継続している18事業について取り組んでいます。残念ながら町の人口は減少傾向です。高齢者の死亡者も多くなってきました。その反面、最近の出生数は少なくなっています。ここ10年間は70人前後の新生児の誕生でしたが、平成27年~28年度は50人前後となり、平成29年度は40人程度になるのではないか心配しています。
 このことは、これから町が対応しなければならない最大の難題になると思われます。

このページに関するお問い合わせ

田上町役場 総務課

電話:0256-57-6222
E-mail:soumu@town.tagami.lg.jp

このページの先頭に戻る